トップページへ

管理組合理事長さん
共有部分と専有部分の境界
  

 

 隣接のマンション(専有部分)との境には、当然「壁」がありますが、その壁のどこからが専有部分になるのでしょうか。

説    明
関係法令


3説

境界線については、三つの説があります。

@上塗り説、A内法(ウチノリ)説、B壁芯説

 

上塗り説

境界の壁の中央部分は共用部分で、上塗り部分(壁、天井、床等)は専有部分であるとする。

内法説

境界部分はすべて共有部分とするもの。

この説を採用すれば、壁や床の表面も共用部分ということになり、壁紙やカーペットの張り替えが共有部分の工事ということで、問題になる。

壁芯説

境界部分の中心(壁の中心)まで専有部分とする説。

極端な例ですが、壁を専有部分と共有部分から改造すれば、壁がなくなってしまうことになる。

 

採用

内法説と壁芯説は採用しがたい。また、現在では、上塗り説に優る説は見当たらないので、これを妥当な説とする。