トップページへ

マンション購入ガイド
マンション購入手順

物件探し〜申込み

契  約
決裁・引渡
登  記


資金計画
取得費用
維持費用
住宅ローン
住宅ローン手続


媒介制度


購入ガイドインデックス

マンション購入ガイド

資 金 計 画

住宅ローン

1.住宅ローンの種類

分類
ローン
公的ローン

住宅金融公庫ローン

年金住宅ローン

財形住宅ローン

民間ローン

銀行

生保、信託銀行

 
住宅ローンの種類

2.公的ローンの条件比較(マンションの場合)  

 

住宅金融公庫ローン
年金住宅ローン
財形住宅ローン
融資対象

70才未満で返済額の5倍以上の収入があること。

厚生年金または国民年金3年以上の加入者(公務員は不可)

財形貯蓄加入者で残高が50万円以上あること。

面 積

50〜280m2

50〜280m2(中古なら40〜280m2

40〜280m2

築年数

20年以内(除く優良マンション)

昭和56年4月1日以降建設

昭和53年4月1日以降建設

金 利

固定金利、11年目から上昇する。

基準金利とタイプ別基準がある。

固定金利

変動金利

返済方法

元利均等または元金均等、ボーナス併用可。

元利均等または元金均等、ボーナス併用可。

元利均等または元金均等、ボーナス併用可。

その他

保証料や火災保険料が安い。

その他いろいろなオプションがある。

委ぱあんゆうしと特別融資(厚生年金加入者対象)がある。

会社を通じて申し込みが可能。

 

 

公的ローンの条件比較

3.民間ローン(銀行の場合)

 各銀行の融資条件は少しづつ違います。ここでは、およそ平均的な条件を記載しておきますが、実行にあたっては、各銀行の条件を比較してください。

 民間融資は公的融資に比べて、融資条件が緩やかであり、金利の切り替え等変化に富んでいます。

項 目
説   明
融資対象

20〜60歳

金利

変動金利、固定金利、変動・固定ミックス等

各金利の切り替えも可能

返済方法

元利均等または元金均等、ボーナス併用可

 *参考サイト 金利比較 金融総合専門紙ニッキン

 

民間ローン

4.その他のローン

 公的ローンや銀行ローン以外にも次のようなものがあります。

(1)地方自治体

 地方自治体で個人向けローンを実行しているところがあります。

 北海道、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、静岡県、大阪府、兵庫県、岡山県、福岡県

(2)労働金庫

 「労働金庫」とは労働者の組合や団体で厚生された会員制の組織です。組合の関係者でなくても、出資金を払えば労働金庫の融資を利用できます。

 

その他のローン

4.住宅ローン控除

 住宅ローンを利用する場合には、年末のローン残高等の条件により、税金の控除があります。控除は少なくない金額ですから、忘れないように申告しましょう。

住宅ローン控除の条件

1. 利用条件
@ 床面積50u以上
A ローン残高5,000万円以下
B 耐火建築築25年以内、非耐火建築20年以内
C 返済期間10年以上

2. 控除金額
年末のローン残高の1%(所得税控除)を10年間

5.住宅資金の贈与

 住宅資金を親からもらう場合には、一般的には贈与税の対象になりますが、住宅資金については特別に非課税枠が定められています。

  *参考サイト 父母などから住宅取得資金の贈与を受けたときの特例