トップページへ

マンション購入ガイド

マンション購入手順

物件探し〜申込み
契  約
決裁・引渡
登  記


資金計画


媒介制度


購入ガイドインデックス

マンション購入ガイド
登    記

1.登記とは

 不動産には名前が書いてありませんから、所有権者はどこかで保証してもらわなければ権利を主張できなくなります。そのために、法務局の登記簿に権利関係を記録します。

 例えば、マンションを購入して代金を支払った後、登記をしていなければ、売り主が第三者にそのマンションを売った場合、マンションは第三者のものとなります。(売り主に対して損害賠償を請求できますが、善意の第三者に対しては対抗できません。)

 また、ローンの担保として抵当権が設定されていることも、記録されていなければ、貸借関係が誰にもわからなくなってしまいます。

 不動産の権利については、登記は非常に大切ですから関係書類(権利証)は大切に保管してください。

  

登記とは

2.登記の種類
登記の種類
説明
具体例

所有権移転登記

売買等により所有権が移転した場合

マンションの売買をした場合

所有権保存登記

建物を新しく建築した場合、または未登記の建物を購入した場合

未登記の新築マンションを購入した場合

抵当権設定登記

不動産を金銭貸借の担保とした場合

マンションを担保としてローンを借りた場合

 

登記の種類

3.手続

(1)手続場所

 法務局で受け付けています(電話帳の官公庁のところに掲載されています)。

(2)手続

 特殊な手続なので、普通は司法書士に依頼します。もちろん、知識がある場合は自分でも可能です。

登記手続き

4.権利証

 正式には、「登記済権利証」といいます。

 売買契約書(原因証書)をもとに、所有権移転があったことを法務局に届けると、局は確認の印を押すと同時に供えつけの登記簿にその旨を記載します。

 この捺印済みの証書を「登記済権利証」通称、権利証といい、また、登記簿の写しをを登記簿謄本といいます。

   

権利証

5.費用

(1)登録免許税

登記の種類
税  額

所有権保存登記

不動産価額の1,000分の6

所有権の移転登記

不動産価額の1,000分の50

抵当権設定登記

債権金額の 1,000分の4

登記費用

登録免許税

(2)司法書士報酬

 手続を司法書士に依頼した場合は、手数料が必要です。

登記の種類
手数料
基本報酬
手続報酬

所有権保存登記

課税標準額
報酬額
〜1,000万円

6,100〜8,000円

1,000万円〜1億円まで

1,000万円ごとに

2,500〜2,900円

1件5千円

所有権移転登記

課税標準額
報酬額
〜500万円

13,500〜16,800円

1,000万円まで

16,000〜19,800円

1,000万円〜1億円

1,000万円ごとに

2,500〜2,900円

1件5千円

抵当権の登記

課税標準額
報酬額
〜500万円

11,600〜14,700円

1,000万円まで

14,100〜17,500円

5,000万円まで

20,300〜24,800円

1億円まで

 

26,400〜32,100円

1件5千円

 

 

司法書士報酬