トップページへ

マンション購入ガイド

マンション購入手順

物件探し〜申込み
契  約
決裁・引渡し
登  記


資金計画


媒介制度


購入ガイドインデックス

マンション購入ガイド
決裁・引渡し

1.決裁時手続

 決裁とは、最終的に代金を支払い、すべての手続を終了させることです。具体的には、残代金を支払って、マンションのキーを受け取るということです。しかし、実際には、銀行からのローン借入や抵当権の登記まで含めて同時に実行されるため、やや大変な手続です。

  

 中古マンションをローンを借りて購入する場合、下表のような関係者の間でお金と書類が移動します。新築マンションの場合もほぼ同様ですが、まだ権利証ができてなかったり、販売会社が提携ローンを組むこともあるので、ケースによって少し違ってきます。

中古マンション決裁時の関係者とお金、書類の移動

  

融資銀行
司法書士
あなた
媒介業者
売り主
融資

 

 

 

代金

 

 

 

権利証・キー

 

 

 

登記書類・登記費用

 

 

 

媒介手数料

 

 

 

 

決裁時手続

(1)住宅ローン

 マンションアドバイザー「資金計画」参照。

 

(2)権利証

 マンションアドバイザー「登記」参照。

 

(3)キー(鍵)

 売買代金と引き替えにマンションのキーを受け取ります。キーについてはそのまま利用しても構いませんが、場合によっては、キーを取り替えて新しくします。

 

キー(鍵)

(4)登記

 マンションアドバイザー「登記」参照。

 

(5)媒介手数料

 マンションアドバイザー「媒介制度」参照。

 

2.清算

 中古マンションの場合、諸費用について売り主との間で日割りの清算をします。

固定資産税・都市計画税

当該年1月1日を基準とします。

電気・ガス・水道

当該月で日割りとします。

 

 

清算