安心取引へ

契約後の設計変更

【Q】マンションの天井の高さについて 

 先日、購入したマンションの内覧会に行ってきました。そこで、施工会社の担当から洋室3部屋の天井高さが図面より9cm低く施工してしまったといわれ、再工事するが3cm程低くなってしまうと言われました。
 それ以上は出来上がった建物なので無理であることは納得したのですが、もともと天井の高さが高くない設定だったのでいやな気分でいます。
 何かいい対処方法ってないでしょうか?

 


【A1】天井の高さが、設計と異なる場合は、瑕疵、または債務の不完全履行に該当すると考えられます。
 瑕疵の場合は契約上の対応としては、解除、損害賠償をすることができます。(契約の解除は目的を達成できない場合に限られます。)

 天井の高さがすこし低くなっても目的を達成できないとはいえませんので、解除は難しいと思います。
 そうしますと、後は、損害賠償ということになりますが、具体的には値引きをしてもらうということでしょうか。
 あとは話し合いで、解除をするということも可能でしょう。その場合、手付金をどうするのかも話し合いの対象となり、相手が認めれば全額返金もありえます。

 不完全履行の場合は、契約内容を完全に履行するように請求ができます。また、実行しない場合には損害賠償の請求や契約の解除ができます。

 フォレスターさんのそのマンションに対する気持ちを整理して、販売会社と交渉してください。(Kaz)


【A2】既に出来上がっているものをいまさらどうこうすることは、物理的にはできないと思います。また、お互いのためにもよくないと思います。以前、同じような相談があり、kazさんがお答えになっていたと思いますが、専有部分の瑕疵ですから個々の区分所有者で対応する必要があります。この場合図面どおりに施工されてないということですから、債務不履行責任(契約の解除や損害賠償)」を検討するということになるのではないでしょうか。(ぴあそら)